転職の面接の流れ。会場到着~控え室で待機するまでをまとめました。

転職の面接の流れ 【その1 】 会場到着~控え室までのポイント

スポンサードリンク

面接当日に慌てふためくことのないように、ここで転職の面接の流れを再確認しましょう。

新卒でも転職でも、常識の無い人はそれだけで不採用が告げられてしまうほど社会に出て働くというのは厳しいことなのです。

ここでは転職の面接当日の流れを会場に到着するところから順にお伝えします。

1.会場に到着

転職の面接会場には5~10分前に入るようにしてください。

早めに到着するのが常識ですが、あまりにも早すぎると逆に非常識だと捉えられます。

面接会場に入る前に、携帯電話やスマートフォンの電源は必ず切っておいてください。

2.受付をする

転職の面接会場には、たいてい受付スペースが設置されてあります。まずは受付で「本日○時に面接のお約束をしております○○です」のように名前を名乗り、面接を受けに来たことを伝えてください。もし受付担当者が見当たらない場合は、対応してくれそうな人に声をかけて名乗ってください。

スポンサードリンク


3.控え室で待機する

受付が終わると担当者に控え室に案内されます。控え室に移動する際に廊下などで人とすれ違った場合は、必ず挨拶かもしくは目礼をしてください。控え室に到着したら、名前を呼ばれるまで静かに待機してください。もしかしたら他の応募者もいるかもしれませんが、待機中にお喋りをするのは厳禁です。

まとめ

「転職の面接の流れ その1」では、会場到着から控え室で待機するまでをご紹介しました。ここまでに、社会人としての基本マナーが試されるポイントが何箇所もあることに気づかれたと思います。それでは「転職の面接の流れ その2」で、この後の流れについてお伝えします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ