中途採用の面接で自己紹介するときに気をつけるべき3つの注意点とは?

中途採用の面接で自己紹介をするときの3つの注意点

スポンサードリンク

中途採用の面接で「自己紹介をしてください」と言われたときは、「自己PRをしてください」と言われたものと同じ意味だと解釈しても構いません。

とくに中途採用の面接で行う自己紹介は第一印象を左右してしまうため、面接全体の大きなウェイトを占めます。

ここで失敗したら採用はないものと思ってもよいくらい重要なステージです。ここでは、中途採用の面接で自己紹介をするときに気をつけたい注意点をお伝えします。

自己紹介は3分以内にとどめること

中途採用の面接に限らず、一般的にも人の話しを聞いていられる時間は3分が限界だと言われています。

それ以上の自己紹介は面接官のストレスを高めてしまうだけになりますので注意が必要です。

スポンサードリンク


簡潔に要点をおさえて話すこと

自己紹介をするときは、話す内容の要点をおさえて簡潔に話すようにしてください。中途採用の面接では「ポイントを押さえた話し方ができるかどうか」もチェックされています。

ウソをつかないこと

どうしても採用されたい気持ちは十分に分かります。ですが、中途採用の面接でウソの自己紹介をするのは絶対に止めましょう。まれに最終学歴や職歴を偽る応募者もいるようですが、これは双方にメリットがないだけでなく絶対にやってはいけない行為です。正直にあなたには何ができるのかを語る方が、よっぽど採用側によい印象を与えます。

まとめ

中途採用の面接で行う「自己紹介」は「自己PR」と捉えてください。どうしても気になる人は「恐れ入りますが、自己PRと捉えてもよろしいですか?」と聞いても構いません。ここで質問したからといって、心象を悪くする面接官はいないからです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ