商社の面接で質問されることを2つご紹介します。

商社の面接で質問されること。最重要2つ。

スポンサードリンク

商社というと誰もが憧れる一流企業がズラリと並びます。それだけに面接の質問もシビアなものが揃ってますが、本質さえ押さえておけば商社だからといって特に身構える必要はありません。

商社だけに限らないのですが、結局のところ面接であなたの何が知りたいのかというと「志望動機」に集約されるのです。その他の質問は、あなたのことをさらに知るための枝葉に過ぎません。それを踏まえた上で、商社では必ず聞かれる質問を2つご紹介します。

・なぜ商社(当社)で働きたいのですか?

商社がもっとも知りたいのは、この志望動機です。なぜ、数ある業種・職種・職業がある中から商社を選んだのか。さらには、なぜ当社を選んだのか。採用しようとする商社は、その明確な理由が知りたいのです。「ただ単に商社に憧れているだけなのか?」、「年収の高さに惹かれているだけなのか?」、「一流企業で働いているという肩書きが欲しいだけなのか?」、採用側は本当の志望動機を見極めようとしています。

スポンサードリンク


そのために、あなたが面接でやるべきことは1つ。「私が商社で働くと、こんな貢献ができます」と強くアピールすることです。「志望する商社のどこに共感したのか」、「どんな能力で仕事に取り組むつもりなのか」を熱意をもってアピールしてください。

・入社後、やってみたい仕事はありますか?

この質問では、志望する商社に対するリサーチを十分にやってきたかどうか、あこがれだけで応募してきたかどうかを判断しています。商社のような大手企業ほど面接の初期段階でこの質問を浴びせてくる傾向が強いです。面接の前に職種について十分に理解しておく必要があります。

まとめ

商社の面接で上手くあなたのことをアピールするには、質問に対して具体性をもって答えることがポイントです。注意点としては、知っている専門用語や言葉だけをズラズラと並べるだけでは、十分に理解しているとはいえません。あなたが志望する商社でやっている業務を理解することが重要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ