就活の面接の質問では答えに詰まっても大丈夫!

就活の面接の質問で答えに詰まったときの解決法

スポンサードリンク

就活の面接ではどのような質問が聞かれるのか、あらかじめパターンを考えていると思います。ですが就活の面接では、全く予想だにしていなかったような質問をされることもあり、思わず答えに詰まってしまうということもよくあります。

慌てふためいて完全に頭がパニック。口から出る言葉もしどろもどろ…。そんなことにならないように、就活の面接の質問で答えに詰まったときの解決法を3つお伝えします。

ポイント1.容易に「分からない」と答えないこと!

分からないなりに自分で答えを導き出そうとする様子が見られています。答えに詰まった場合でも、容易に「分かりません」と回答してはいけません。就活の面接の質問では、自分自身の志望動機が答えられないということはないでしょう。ですが、同業他社の動向や時事問題など、少し踏み込んだ部分についても質問されることもあります。

スポンサードリンク


ポイント2.即答しなくてもOK!

就活の面接の質問に対しては、早押しクイズをしているわけではないのですから何も即答する必要はありません。面接の質問の意図がよく分からなければ、面接官に「○○という捉え方でよろしかったでしょうか?」と聞き返しても構いませんし、承諾を得て少しくらい考える時間をもらっても構わないのです。ここで気をつけたいことは、焦るあまりにポイントのずれた回答をしてしまうことです。面接の質問に対し内容の薄い回答を返されても評価することができないからです。

ポイント3.会話をしているつもりで答える

面接というのは言葉のキャッチボール。つまり会話をしているようなものだと思ってください。確かに面接会場は重々しい雰囲気ですし、就職のことを考えるとプレッシャーも相当なものだと思います。ですが面接官と応募者というのは、結局は人と人というシンプルな関係に過ぎないのです。このように考えると、面接の質問で答えに詰まりそうになってもフッと心が軽くなると思います。会話を楽しむつもりで面接に臨んでください。

まとめ

逆の立場で考えてみていただきたいのですが、面接官は就活の面接の質問で答えに詰まってしまう応募者を数え切れないほど見てきています。答えに詰まったときに、どのような対応をしている応募者を面接官は高評価するのでしょうか。この点に気づくことで、焦ることなく対応ができるはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ