歯科助手の面接の質問ではココが聞かれます!

歯科助手の面接の質問で聞かれる5つのポイント

スポンサードリンク

歯科助手の面接でも他の業種と同じように聞かれるポイントが同じ質問もあれば、業種ならではの独特な質問も存在します。そこで、歯科助手の面接の質問でこれだけは抑えておきたいという質問を5つごお伝えします。

1.なぜ歯科助手になりたいと思ったのですか?

この質問に答えるポイントは、単に歯科助手になりたいという憧れを伝えるのではなく、「この医院に、こんな貢献ができる」ということを明確にアピールすることです。志望動機は面接の質問では最頻出ですので、必ずハッキリと答えられるようにしておきましょう。

2.残業が多いことについてどう思われますか?

残業についてネガティブに捉えることはせず、仕事に対する責任感と意識の高さをアピールしてください。歯科業界はその日の来院数によって定刻どおり業務が終了しないことがあります。この面接の質問では、歯科助手という仕事をする上での意識の高さを確認しています。

スポンサードリンク


3.立ち仕事は大丈夫ですか?

単に「大丈夫です」と答えるだけでは説得力に欠けますので、スポーツの経験や体力があることを証明できるようなエピソードがあれば面接官に伝えるようにしましょう。同じような質問で「体力に自信はありますか?」と聞かれることもあります。歯科助手は1日中立ちっぱなしなので、足腰の強い人でなければ務まりません。

4.小さな子供は好きですか?

歯科医院には、毎日のように小さなお子さんが来院します。小さな子供とも円滑にコミュニケーションがとれるかどうかの確認です。ここでも単に「好きです」と答えるだけでなく、具体的なエピソードを用いてあなたが子供が好きだということを証明することが大事です。

5.血を見て具合が悪くなったりしませんか?

質問どおりの意味です。虫歯の治療や歯石除去など、口内の治療をするにあたり血液を見ることは日常茶飯事です。耐性があるかどうかを確認されています。

まとめとして、歯科助手という仕事は1日中立ちっぱなしで医療行為をする過酷な業種です。なおかつ、接客業という一面も持ち合わせているため、タフでコミュニケーション能力の高い人材が求められています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ