公務員試験の面接の質問では、あなたの社会貢献度が見られている

公務員試験の面接で質問される5つのパターン

スポンサードリンク

公務員試験の面接でよく質問されるパターンをいくつかご紹介します。

公務員試験の面接では、一般企業と比べるとさらに強い社会貢献度のアピール力が必要になってきます。

1.なぜ公務員になろうと思ったのですか?

2.自己PRをしてください

上記2つは、もはや必ず聞かれる質問です。間違えても「安定した生活が送りたいから」とか「給料がよいから」などと答えてはいけません。公務員という職業を通して、どのように地域社会に貢献していくのかをアピールすることが大切です。

3.この市町村のどこに魅力を感じますか?

4.この市町村にはどんな特色がありますか?

単に地域が好きというあいまいな答えではなく、面接ではより具体性のある答えを求められます。また、公務員として働く場でもある地域のことについては、人口、名産品、名所、歴代市長など、あらゆることに関して住民よりも知っていなければなりません。

スポンサードリンク


5.この市町村がかかえる○○という問題に、どのように取り組みますか?

おおかたの自治体は財政赤字を抱えていたり、構造改革についても急務の課題となっています。

あなたが働こうとする自治体がどのような問題を抱えているのかを知り、どうすれば解決できるのかを面接では自分なりに答えてください。

まとめとして、公務員の面接ではどうすれば地域に貢献できるのか、あなたなりの働き方を面接官にアピールしてください。

これからの公務員という職業は、与えられた業務をこなすだけの人ではなく、自ら主体的に仕事を求めてこなしていく人が求められています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ