スタバの面接で質問されたときの答え方にはポイントがある!

スタバの面接で質問されたときの採用される答え方

スポンサードリンク

スタバ(スターバックス)はグローバルで知名度が高く、おしゃれなカフェなため面接の応募者が後を絶たない企業です。スタバは正社員・アルバイトともに倍率が高いと言われているため、そう簡単に採用というわけにもいかないようです。そこで、スタバの面接で質問されることをいくつかまとめてみました。

・なぜスタバで働きたいと思ったのですか?

・シフトに入れる曜日と時間帯を教えてください。

・自宅からお店までの通勤手段と交通費を教えてください

・接客業の経験はありますか?

少なくとも上記の質問は笑顔でハキハキと回答できるようにしておいてください。スタバの面接の質問の中で、もっとも重要視されるものは「なぜスタバで働きたいと思ったのですか?」という質問です。つまり、志望動機です。

多くの応募者は単に「接客が好きだから」とか「スタバが好きだから」と回答しているようですが、それでは採用の決定打にはならないのです。

スポンサードリンク


そもそも、スタバはどのような人材が欲しいのかというと「スターバックスの価値観を共有できる人」です。スタバの価値観とは、仕事に情熱を持ってお客様にサードプレイスを提供すること。

それに共感できることが、採用の必須条件なのです。つまり、「一人でも多くの人にスタバという憩いの場を提供したい」ということを情熱を持って面接官に伝えることがポイントです。

まとめとして、スターバックスでは職場で働く従業員のことを「価値観を共有するパートナー」だと考えています。面接の質問に答えるときは、少しくらい大げさでも構いませんので「何としてでもスタバで働きたい!」という情熱を込めながら想いを述べることです。

また、スタバではコアプログラムという接客業の未経験の方を対象にした研修制度があります。ですので、接客業をやったことがなくても心配いりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ