面接の質問の自己PRで評価を得るには?

面接の質問の自己PRのやり方。こんな勘違いしていませんか?

スポンサードリンク

面接の質問の自己PRでは、仕事をしていく上でのあなた独自のセールスポイントを面接官に伝える必要があります。

それにも関わらず、「私にはガッツがあります」とか「忍耐力では誰にも負けません」とか、人によっては「お笑い番組をよく観ます」のような勘違いした回答をする人がいます。

実は、このように面接なのにまるでコンパやお見合いでもしているかのような自己PRをしてしまう応募者が後を絶ちません。

採用されるためには、面接の質問で、なぜあなたの自己PRを聞く必要があるのかという根本的な意図を理解しておく必要があるのです。

採用側は、あなたの自己PRから会社の利益(メリット)につながるものを見つけようとしているのです。

それを踏まえると、面接の質問で自己PRを聞かれたときの攻略法は自ずと分かります。それは…

あなたが仕事をすることで会社にもたらすメリットを徹底してイメージさせること!

スポンサードリンク


もはやこの一言に尽きます。面接の質問で自己PRに関するものはたくさんあります。例えば…

・あなたの長所を教えてください

・モットーとしていることは何ですか?

・あなたのこだわりを教えてください

・これだけは人に負けないというものがありますか?

・これまでにどんな挫折を味わいましたか?

上記に挙げた質問に、ただ漠然と答えてはいけません。先ほども述べたとおり、すべての項目から「働いているあなたの姿と、会社にもたらされるメリットを面接官にイメージさせる」ように答えるのです。

まとめとして、面接官に「この応募者はこの長所を活かして、こんな風に仕事に取り組んでくれそうだな」と思わせることができれば、あなたの自己PRは成功です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ