職業訓練の面接の質問でよく聞かれるものをピックアップしました!

職業訓練の面接の質問でもっとも伝えるべきこと

スポンサードリンク

職業訓練の面接の質問では、自己PRや志望動機、職業観や時事関係の質問がよく聞かれます。

しかし、職業訓練の面接の場合、何よりも面接官に伝えなければならないことがあります。それは…

・職業訓練を受けて1分1秒でも早く就業したいという熱意。

何が何でも職業訓練を受けてスキルを身につけて就職したい!という熱意を伝えれば、必然的に想いは面接官に伝わるものです。

それに、職業訓練校は単に失業保険が欲しいからという理由だけの人を合格にするはずがありません。

むしろ、そのような人は面接にも来て欲しいとは思っていないのです。

とはいいながらも、熱意はあるが面接の質問にはしどろもどろ…なんてことだと印象もよくありませんし、受講するための準備が不十分だと評価されかねません。

そこで、職業訓練の面接の質問でよく聞かれる傾向にあるものをいくつかピックアップしてみました。

スポンサードリンク


・この職業訓練コースを志望した理由を教えてください

・まじめに受講することができますか?

・現在までの求職活動の内容を教えてください

・このコースを受講することで、就職や転職にどのように活かすことができますか?

・職業訓練が終了したときの自分のイメージを教えてください

・他の訓練生とうまく付き合っていけそうですか?

いかがでしょうか。まとめますと職業訓練には失業保険という税金が絡んでくるため、面接では「スキルを身につけて一刻も早く働きたい!」という熱意を見せる必要があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ