面接の質問で夢を聞かれたときの答え方

面接の質問で夢は何かと聞かれたら…

スポンサードリンク

面接の質問では、あなたの夢や将来のことについてたびたび聞かれます。ここで注意していただきたいのですが、面接で質問される夢というのは仕事に関する『キャリアビジョン』のことです。もし面接で「あなたの夢は何ですか?」と質問されたら…

目標に向かって突き進む行動力があるかどうかを見られています。

面接の質問での夢とは、決して「外国に住みたい」とか「日本一周旅行をしたい」などといったプライベートな夢のことではありませんので、間違えないようにしましょう。夢を実現させるために、どのような準備や計画を立てているのかもアピールする必要があります。

【悪い回答例】
応募者「はい、私の将来の夢は自分のお店を持つことです。リラックスして読書が楽しめるようなお洒落なカフェを開きたいと思っています。そのために御社で色々と勉強させていただきたいと思います。カフェをオープンさせるには資金が必要ですので、仕事内容がきつくとも頑張っていける自信があります。御社で仕事をさせていただいている間に、将来的にお付き合いできるような人脈づくりにも励んでいくつもりです」

面接官「なるほど。実現に向けてどのような準備をしていますか?」

応募者「はい、すべては入社してから進めるつもりです」

入社してから行動できることではなく、今から行動できることを述べる方が圧倒的に評価されます。タイミングは待つものではなく、自ら作り出すものだという考えが必要です。

スポンサードリンク


【良い回答例】
応募者「はい、私の将来の夢は地元でお店を開くことです。働く人が休日に安らげる憩いの場として、静かなカフェをオープンさせる予定です。そのために、御社で商売の基本と本質を学ばせていただき、商売人としての考え方をしっかり見につけたいと思っています。」

面接官「なるほど。カフェをオープンさせるために、今どのようなことをやっていますか?」

応募者「はい、食品衛生責任者の資格はすでに取得してあります。また、お店の雰囲気を自分の思うように表現したいため、インテリアコーディネーターの資格も取得中です。出店エリアは○○を予定しており、材料の仕入れルートもいくつか候補に挙がっています」

まとめとして、面接の質問で夢は何かと聞かれたら、単に「○○すること」とか「○○になること」といった内容ではなく、夢を実現するために今やっていることをアピールすることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ