教員採用試験の面接の質問には教育への熱意を持って答えること!

教員採用試験の面接の質問で必ず聞かれること

スポンサードリンク

教員採用試験の面接の質問では、必ず聞かれるものがあります。この質問はとても大事なポイントなのですが、当たり前すぎるためかその重要性を理解していない方が意外にも多いようです。その質問とは…、

・「なぜ教師になろうと思ったのですか?」

教員採用試験の面接でこの質問を聞かれないということは、まず無いといえるほどよく聞かれます。何度も口を酸っぱくして言いますが、教員採用試験に限らず世の中のありとあらゆる職種・職業の採用面接でもっとも重要視されているポイントは「志望動機」なのです。

いくら容姿端麗で語学が堪能でも、高学歴で笑顔が素敵な人だったとしても、はっきりとした理由を持って「何がなんでも教師になる!」という熱烈な志望動機がある人には適わないのです。もし、ここで明確な志望動機がないという人は、「なぜ、私は教師になりたいのか?」という質問を自分自身に投げかけてください。

スポンサードリンク


その他おさえておきたい教員採用試験の面接の質問

・なぜ(小学校、中学、高校)を志望したのですか?

・どんな教師になりたいですか?

また、教師という職業から教育問題についての質問もよく出ます。

・気になっている教育問題を教えてください

・教員の不祥事についてどう思いますか?

まとめとして教員採用試験の面接の質問では、熱烈な志望動機を求められます。そして採用されるためには、現在の教育問題とどのように向き合うのかはもちろん、生徒および保護者への対応スキルも求められます。教員採用試験の試験官がどのようなことを考えて、どのような教師を求めているのかといった根本的なことを知ることで採用の可能性はグッと上がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ