医療事務の面接の質問には説得力のある回答が必要!

医療事務の面接の質問はココが聞かれる!

スポンサードリンク

医療事務の面接の質問で、必ずといってよいほど聞かれる質問をご紹介します。

それは「なぜA院ではなく当院を選ばれたのですか?」という質問なのですが、この意図は…

当院を選んだ意思決定に説得力があるかを見られています。

当院を選ぶまでに、どのような企業研究をしてきたのか。

そして、どのような結果として当院を選んだのか。この2点が大切なポイントです。

【悪い回答例】
はい、実は幼いころに貴院で診療を受けたことがあるのですが、そのときに受付の方がとても親切で「私も大きくなったらここで働きたいな」と思ったのがきっかけです。それと、説明会のとき担当者の方がとても丁寧に医院の業務内容や雰囲気を伝えてくださったので、A院よりも貴院の方がよいと思いました。

スポンサードリンク


A院との比較ポイントが弱く、志望動機としては面接官の印象には残りません。また、説明会の担当者が丁寧だったからという理由では、十分な企業研究をしていないことを露呈してしまっています。

【良い回答例】
A院と比べると貴院の方が、社員同士が活発にコミュニケーションをとっており、職場の雰囲気がとてもよいと感じたからです。また、説明会では担当者の方が業務内容を具体的に教えてくださったので、貴院で働いている自分の姿をイメージしやすかったことも決め手になりました。実は貴院とA院の社員の方3名ずつに直接お話しを伺いました。貴院の社員の方々は、みなさん企業理念を理解されており、社会貢献を強く意識して働いてらっしゃることが伝わってきました。お話しを伺っているうちに、私自身がどのような意識を持って仕事に臨むべきかが明確になり、貴院で本気で働きたいと思うようになりました。

どのように意思決定したかが具体的で明確になっています。働く意欲も十分にアピールできており、実際に社員から話しを聞いてまわったことで行動力がある人物だと評価できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ