面接 好印象 話し方

面接で好印象!話し方のコツはこれだけでOK

スポンサードリンク

面接で自己PRも志望動機もしっかり話しているはずなのに受からない…。

そんな方は話し方を変えましょう。

面接で同じことを話していても話し方によって相手の印象は変わります。

話し方で損をしないようにコツをつかんで面接官に好印象をもたせることができれば採用に近づきます。

コツといっても、細かいことは言いません。

面接では大きな声でゆっくりと話すこと。

これだけです。

これを実践するだけで面接官に好印象をもたせることができます。

小さな声や早口は聞き取りにくく、暗くて自信のないイメージがあるので面接官には好印象どころかネガティブな印象しか残りません。

大きな声でゆっくり話すことで、明るく余裕のあるイメージが生まれ、好印象に結びつきます。

面接の通過率もアップするはずです。

面接ではちょっと大き過ぎるかな?ちょっとゆっくり過ぎるかな?くらいでちょうどいい話し方になります。

このような話し方はぶっつけ本番で実践しようとしてもなんとなく照れが出てしまったりしますのでできません。

常日頃から練習しておくことが必要です。

これだけで好印象になり面接通過率がアップするならば恥ずかしいなどとは言ってられません。

自己PRや志望動機を話し方を意識しながら声に出して練習しましょう。

これで好印象!面接でのスーツ重要ポイント

面接では内面のアピールもとても大事ですが、まず見た目がしっかりしていないと好印象とはなりません。

面接に着ていくスーツの着こなしや選び方のポイントを押さえておきましょう。

スーツの色は黒、紺、グレーなどを選びますが、新卒採用の面接用にはほとんどの方が黒を選びますので、黒を選んでおくのが無難です。

就活生は就職活動が忙しくなってくるとスーツをほぼ毎日着用しなければならないこともありますから、2着以上あるのが望ましいでしょう。

スーツで一番気を付けたいのが自分の身体に合っているかということです。

ダボダボのスーツは野暮ったく見えて印象が悪く見えます。

スーツを購入する場合は必ず試着して全身を確認してください。

また、面接で好印象を与えるためには清潔な身なりが大切です。

せっかくのスーツも汚れがあったりしわくちゃでは台無しです。

毎日埃をはらい、アイロンかけなどでお手入れするのももちろんですが、最近はクリーニングも当日仕上げができるところが沢山ありますので就職活動がない日を狙ってこまめにクリーニングに出して清潔を保ちましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ