面接 あがり症 克服

模擬面接で練習を重ねてあがり症を克服!

スポンサードリンク

あがり症のため、言いたいことはたくさんあるのに面接では緊張してうまく話せず落ちてしまう。

そんなあがり症を克服するにはどうすればよいのでしょうか。

あがり症は緊張することで起こりますので、緊張に慣れることにより克服できます。

荒療治ですが、何度も面接を受けましょう。

何度も面接を受け、面接という場に慣れることで緊張は和らぎます。

家族や友人知人、学生さんならば学校の就職課に頼んで模擬面接を行いましょう。

あがり症の克服に大切なのは場になれることです。

面接での受け答えは決まりきった答えを用意してしまうと想定外の質問が出た時にあがり症がぶり返し、しどろもどろになりますので、大まかな自分の考えを準備して、あとはその場その場で自分の言葉で答えるようにしましょう。

笑顔や声の大きさも練習できますので意識してみましょう。

それでも本番の面接では緊張します。しかし、面接官は志望者が緊張していることなどお見通しです。

少しくらいしどろもどろになってしまっても、笑顔で大きな声を出して話しましょう。

これだけでも好印象が残りますので、あがり症が克服しきれていなくてもカバーできます。

自分の言葉で面接官に熱意を伝えることが出来ればいい結果につながるはずですよ。

スポンサードリンク


あがり症という短所を受け入れて

就職活動にはつきものの面接ですが、あがり症でうまく話せないためになかなか面接がうまくいかないという方も多いのではないでしょうか。

面接では短い時間で自分の能力や魅力をアピールしなければならないため、あがり症はそういったときに短所となってしまいます。

しかし、あがり症を短所とばかり思わないでください。

そもそもあがり症までいかずとも、緊張するということは多かれ少なかれ全員にあることです。

人生を左右する大切な局面で緊張していない人などいません。

緊張をするのは誰しも当たり前なんだと受け入れましょう。

面接の際にはゆっくり話すことを心がけましょう。緊張すると早口になりがちです。

ゆっくり話すことで、あがり症であることを相手に感じにくくすることができますし、自分も落ち着いてきます。

何もあがり症を治さなくても、相手に気づかれなければいいのです。日ごろからゆっくり話す練習をしておきましょう。

あがり症という短所があるから面接は無理だと思わず、短所を自覚していることが自分の武器だと思って堂々と面接に臨みましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ