面接 短所 心配性

面接で聞かれる短所に「心配性」を挙げるときの効果的な伝え方

スポンサードリンク

面接で「長所・短所を教えてください。」と聞かれた場合に、短所として心配性を挙げるのはどうでしょうか。

単純に「短所は心配症なところです。」だけでは、伝わるものがありません。

「心配性だから、何なのか。」というのを含めて、はじめて担当者に自分の性格を伝えることができます。

面接で、短所として心配性を挙げるのであれば、
「私は心配性です。そのため、明日の用意は前日に行うなど、前もって準備するようにしています。」
など、心配性であることがどのような影響を与えているのかを伝える必要があるのです。

面接で長所・短所を聞かれた場合、就職の面接であるゆえ、必ず仕事にその長所・短所がどう結びつくのかを答えるようにしましょう。

スポンサードリンク


面接で聞かれる短所で「慎重であること」を伝える場合

面接で短所を挙げる場合、「慎重であること」というのは企業側にどのような印象を与えるでしょうか。

面接の対策でよく言われるのは、短所も裏返してみれば、長所になるということです。

そのため面接では、「私の短所は慎重であることですが、そのこともあって、仕事を正確に進めることができます。」
と短所である「慎重さ」についての利点を述べる方法や、「私の短所は、石橋を叩いて渡るような、慎重すぎる性格です。この性格を克服するため、慎重にするべきことと、慎重さよりも速さが重視されることを分けた結果、早く正確な行動ができるようになりました。」
等とその短所をどのように克服したかを述べる方法です。

ぜひ、短所を挙げる場合はこの2つの方法で発想の転換を行ってみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ