面接のマナー。荷物の置き方を知らないと恥をかきます。

面接のマナー。荷物の置き方と取り扱い方のポイント4つ

スポンサードリンク

就職や転職の面接のとき、持っていた荷物はどこにどのようなタイミングで置くべきかご存知ですか?面接のマナーをを知らずに常識外れな荷物の置き方や取り扱い方をしてしまうと、社会人としての自覚が足りないと判断されかねません。

今回は、知っておくべき面接のマナーとして荷物の置き方と取り扱い方のポイントを4つご紹介します。

ポイント1.荷物を置く場所が決まっている場合は、指示に従うこと

面接会場によっては、あらかじめ荷物を置く場所や位置が決まっていることがあります。そのようなときは面接官から指示がありますので、勝手に判断するようなことはせずに指示に従うのがマナーです。

以下、荷物を置く場所を指示されなかった場合のポイントです。

スポンサードリンク


ポイント2.鞄は椅子の横に立てて置くこと

面接の荷物として真っ先に挙げられるのがカバンです。カバンは邪魔にならないように椅子の横に立てて置くようにするのがマナーです。置く場所は椅子の右でも左でも構いません。

ポイント3.コートは肘にかけるか鞄と一緒に置くこと

コートは折って肘にかけて持ち歩き、置き方は椅子の背もたれに掛けるか鞄の上に置くようにしてください。

次に、面接のときに荷物が多くなり過ぎた場合のポイントです。

ポイント4.私物感のある荷物や、スーツケースなどの大荷物は近隣のコインロッカーなどに預けておくこと

応募者によっては遠方から泊りがけで面接に来られる人もいるでしょう。その場合、面接に必要な荷物であれば問題ないのですが、あまりにも私物感のある荷物の場合やスーツケースなどの大荷物は、面接会場には持ち込まずに近隣のコインロッカーに預けるようにしましょう。

仮に持ち込んだからからといって不採用になることはないと思いますが、面接官によっては「計画性のない人」と判断する可能性があります。

まとめ

面接のときに持ち歩く荷物は、置く場所に指示があれば従うのがマナーです。まれに指示もないのに、目に付いたテーブルの上に荷物をドカンと置いてしまう応募者がいますが、これは絶対にやってはいけません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ