面接のマナーは受付のときから見られてます。

面接のマナー。受付で好まれるテクニックとは?

スポンサードリンク

面接のマナーとして、受付でしっかりとした対応ができるかどうかも重要なポイントです。面接会場で採用担当者の前でだけマナーをよくしていても、実はあっさりと見破られてしまっていることを覚えておいてください。採用担当者によっては、面接終了後に受付を担当した人のところに出向く人もいます。

なぜかというと、気になる応募者が受付ではどのような態度だったのかを確認するためです。いかがでしょうか?この事実からも、面接のマナーは受付から既に始まっているということがお分かりいただけたと思います。それでは、面接で評価されやすくなる受付でのテクニックをご紹介します。それは…

声のトーンを上げる

受付では、普段よりも1トーンほど声を高くして対応してみてください。たったこれだけのことで、あなたへの印象を明るくさせることができるのです。

スポンサードリンク


もちろん、受付で笑顔を見せることができれば面接のマナーとしてはパーフェクトなのですが、緊張で引きつったような笑顔を見せてしまうくらいであれば無理に表情を作る必要はありません。

それに、受付をするときは社内に設置されたインターフォンごしという場合もあり得ます。もちろん、自分が何者でどのような用事があるのかを受付でしっかりと伝えるのはマナーというよりも当たり前のことです。「本日○時からの面接で伺いました○○と申します」と、担当者に聞き取りやすいようにハッキリと用件を述べてください。

まとめ

面接のマナーは、社内で受付をするときから既にチェックされています。親しまれやすくなるポイントは、いつもよりも1トーン高い声で話すことです。1トーン高く話すという行為は親しみが出て雰囲気が柔らかくなるテクニックですから、ぜひとも面接当日に受付で使ってみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ