面接のマナーで心得ておくべきことを3つご紹介します。

面接のマナーで心得ておくべき3つのこと

スポンサードリンク

面接のマナーを心得ている応募者というのは、実はそれだけで採用側の興味を惹くことができます。面接で本人と対面すると、履歴書や職務経歴書などの書面からでは感じ取ることのできない、応募者のもつ雰囲気や人間性というものが直に伝わってくるからです。

面接のマナーを心得ている人は、顔の表情、言葉づかいなどの話し方、身振り手振りなどの仕草、立ち振る舞いがトータルバランス的に優れているのです。人は見た目で決まるという言葉もあるとおり、面接における第一印象はマナーで決まるといっても過言ではないのです。そこで、面接のマナーで最低限これだけは心得ておくべき3つのことをお伝えします。

1.挨拶は想像以上にチェックされている!

面接で採用先を訪れたら、受付の人はもちろん、すれ違う人にも自然な感じで挨拶をすることを忘れないでください。あなたが考えている以上に社内での挨拶というのは周囲の人に見られているのです。挨拶をするのは当たり前、最低限のマナーだと心得ましょう。

あなたを採用するということは、同じ職場で働き一日を共にするということ。挨拶でコミュニケーションがとれない人を仲間にしたい職場はありません。ちなみに「今回応募してきた○○さんは、挨拶はきちんとできていた?」などと、社員に聞いてまわる面接官もいるくらいですから、挨拶がどれほど重要視されているかを理解してください。

スポンサードリンク


2.話すときの視線に注意!

確かに、採用の合否がかかった状態で面接官と対面して話すのは緊張するものです。だからといって、話すときに視線がキョロキョロと定まらないのは困りもの。自分に自信がないのか、対人恐怖症なのかと捉えられる可能性もあります。

どうしても緊張して面接官の目を見て話せない人は、相手の鼻あたりを見て話すようにしてください。もし、面接官が複数人いる場合は、一人だけを見て話すのではなく面接官全員をまんべんなく見渡しながら話すようにするのがマナーです。

3.電源は必ず切っておくこと!

携帯電話やスマートフォンの電源は、必ず切っておくのが面接のマナーだと心得ておきましょう。本当に不思議なことですが、それでも電源を切らない応募者が一定数で存在するのです。面接の最中にピロピロピロ…と呼び出し音が鳴ってしまったりしたら、採用側の心象は絶対によくありません。マナーとして携帯やスマホの電源は忘れずに切っておきましょう。

まとめ

最低限おさえておきたい面接のマナーの心得として、今回は3つお伝えしました。こうしてみると本当に当たり前のことに過ぎません。それでも、普段から意識していないとできないのがマナーだと心得ておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ