面接のマナー。女性なら知っておくべき5つの身だしなみをご紹介します。

面接のマナー。女性なら気をつけたい5つの身だしなみとは?

スポンサードリンク

面接のマナーは、あなたの社会人としての常識がそのまま表れてしまいます。とくに女性は化粧をしたりアクセサリー類を身に付けることが多いので、華美にならない程度のボーダーラインを知っておく必要があります。

また、面接のマナーは挨拶がきちんとできているか、言葉づかいが汚くないか、身だしなみは清潔感があるか、あらゆる角度から採用側にチェックされています。ここでは女性ならば知っておきたい身だしなみに関する面接のマナーを、チェックリストとして5つご紹介します。

1.頭髪

髪の毛がボサボサではありませんか?寝癖がついた頭で面接を受けるのはマナー違反です。寝坊して時間ギリギリで慌しく面接の準備をしたようなイメージがありますので気をつけましょう。

2.化粧

化粧が派手になりすぎていませんか?社会人としてもっとも好まれるのは健康的なナチュラルメイクです。女性によってナチュラルなメイクと派手なメイクのボーダーラインが違うと思います。そのため、面接の当日は家族や友人などに、派手ではないか?問題がないか?とチェックしてもらうことをオススメします。

スポンサードリンク


3.服装

面接の服装はシンプルで、落ち着いた色合いのスーツを選ぶようにしましょう。サイズがきちんと合ったスーツを着ることが大事です。スカートの膝丈も注意が必要です。長すぎると野暮ったく見えますし、短すぎるのも困りもの。理想はヒザの真ん中あたりの長さが一番見た目の印象がよいです。あまりにも華美なアクセサリーをするのは厳禁です。

4.手の指

女性の手は意外にも見られています。長すぎるツメは不潔さを感じさせますので、短く整えておきましょう。また、面接のマナーではキラキラし過ぎるような派手なマニキュアを塗るのもNGです。

5.靴

ヒールのサイズは合っていますか?サイズが合っていないと不自然な歩き方になってしまいます。面接ではスーツに合わせてヒールが高すぎない靴を履いてください。靴が汚れていると「だらしない女性」という印象を与えますので、面接の前にはきちんと磨いておくことをオススメします。

まとめ

今回は見た目や身だしなみに関する面接のマナーをお伝えしました。面接のマナーで、女性がとくに意識するとよいキーポイントは「清潔感」と「健康的」の2つ。この2つを心がけて身だしなみをチェックすれば、女性の見た目の印象は格段によくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ