面接のマナー。入退室のときのチェック事項

面接のマナー。入退室時のチェックポイント

スポンサードリンク

面接のマナーは入退室のときも当然ながらチェックされています。おそらく、あなたも面接における入退室のマナーは、ノックの仕方から退室するまでの作法など何度も練習したと思います。

ところが、いざ面接本番となると緊張で頭が真っ白になって、やるべきことができなくなってしまう応募者もいるのです。ここで面接における入退室のマナーをもう一度確認しておきましょう。

<<入室時のマナー>>

ポイント1.ノックは3回すること

名前を呼ばれたらドアの前に立ち、ドアをノックします。「失礼します」と一声入れたあと、静かにドアを開けてください。ここで注意して欲しいのがノックの回数です。ドアは2回ではなく3回ノックしてください。なぜ3回ノックするのかというと、2回だとトイレを連想させるからです。中には面接の入室時のノックの回数は4回だという人もいるようですが、日本のビジネスマナーでは3回とされています。

ポイント2.入室時は面接官と目を合わせること

会釈する程度に一礼し、静かに入室します。一礼した後は、できるだけ面接官と目を合わせるようにしてください。なぜなら、ここで第一印象が決まるからです。

スポンサードリンク


ポイント3.椅子の左側に立つこと

面接官に向かって、椅子の左側に静かに移動してください。椅子の左側に立つという説や下座に立つという説があるのですが、テーブルマナーでは椅子の左側に立つとされています。姿勢をスッと伸ばし、手の指がバラバラにならないように気をつけましょう。

ポイント4.自己紹介はハキハキとすること

立ったまま「○○と申します。本日はよろしくお願いいたします」と自己紹介してください。元気のよさ、感じのよさをアピールします。

ポイント5.勝手に着席しないこと

面接官に「お掛けください」と促されてからゆっくりと座ります。椅子を引かないと座れないような場合は、若干持ち上げて引きずらないようにしてください。

<<退室時のマナー>>

ポイント1.しっかりと挨拶をすること

面接が終了したら椅子の左側に立ち、「本日はありがとうございました」と一礼します。

ポイント2.後ろ姿も見られていると意識すること

ドアの前まで静かに移動します。ドアへ向かうまでの後ろ姿も見られています。姿勢を伸ばしてキビキビ移動しましょう。ドアの前に来たら「失礼します」と言ったあとに、もう一度深く一礼して退室してください。

まとめ

面接の入退室のマナーは何度か練習すればスムーズにできると思いますが、本番では想定していなかったようなイレギュラーな出来事も起こります。(※面接官への急な電話や呼び出しなど)そのようにタイミングを崩された場合でも、落ち着いて対応できるかが見られています。柔軟な対応を心がけてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ