中途採用の面接でマナーを一瞬でよくする方法

中途採用の面接でマナーがよくなる魔法の言葉とは?

スポンサードリンク

中途採用の面接では、当然のことながらマナーもチェックされています。社会人としての話し方やしぐさなどの立ち振る舞いが身についているかはもちろん、それ以上に重要なウェイトを占めるのが「見た目」です。ここでいう見た目とは、顔がよいとかスタイルが良いなどのルックスのことではありません。

見た目とは、顔つき、目つき、姿勢、服装、身振り、手振りのことです。よく、人は見た目が9割といわれますが、それは中途採用の面接にも十分に当てはまっていると考えられます。それでは、中途採用の面接で好印象を残せる見た目のマナーを上げる簡単な方法をお教えします。

・マナーがよくなる魔法の言葉「赤福鯛めし」!

赤福鯛めし…ちょっと面白い言葉ですが、中途採用の面接に臨む前には必ず役に立つ言葉なのです。実は、この言葉は見た目の印象をよくする6つのチェックリストになっています。

「あ」…アクセサリー
「か」…顔つき
「ふく」…服装
「たい」…態度
「め」…目つき
「し」…姿勢

中途採用の面接に臨むときは、これら6つのチェックリストを活用してください。新卒の就活、アルバイトやパートの面接でも同じです。これらに注意するだけで、見た目のマナーはあっという間に向上します。

スポンサードリンク


・服装で転職者としての常識が見られている!

服装は転職者としての常識がダイレクトに反映されるアイテムです。面接で評価されるポイントは「清潔感」。落ち着いた色合いの格好をしていれば、好印象を与えることができます。

【評価される男性の面接の服装】
・ワイシャツは白色を選ぶこと
・背広の色はビジネスにふさわしい色を選ぶこと
・派手な色のネクタイは控えること
・ポケットが膨らむほど物を入れないこと

【評価される女性の面接の服装】
・シンプルで清潔感のあるスーツを選ぶこと
・スカートの丈はひざの中心が隠れるくらいの長さにすること
・伝線したストッキングを履かないこと
・派手なアクセサリーは控えること

まとめとして中途採用の面接では、とくに見た目の印象を上げることを心がけてください。見た目、話し方、しぐさなど、気をつけるべき面接のマナーはたくさんありますが、第一印象は「見た目」で決まるからです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ