医療事務の仕事内容と現状について。未経験でも働けるのでしょうか?

医療事務の仕事内容と現状。未経験でも大丈夫?

スポンサードリンク

医療事務という仕事は、「景気に左右されない」「年齢制限がない」などのメリットがあり、多くの女性に人気がある仕事です。

さらに医療事務の資格を持っていれば、全国どこの医療機関でも働くことができるのも魅力の1つだったりします。

そこで今回は年々応募者が増えつつある医療事務の仕事内容と現状についてご紹介しましょう。

医療事務の主な仕事内容

受付業務…受付は病院の顔ともいえる業務です。保険証の確認や診察券の発行をします。受付の印象はそのまま病院の印象にもつながりますので、優しい笑顔で「こんにちは」「お大事に」と患者さんと声を掛けられる人が求められます。

スポンサードリンク


会計業務…診療費の計算を行います

カルテ管理…カルテは病院内ではとても大切な書類。カルテの運搬や管理などの情報管理は、個人情報を扱いますので高い責任感が求められます。

オペレーター業務…カルテの内容や診療内容をコンピュータによってデータ化します。高い医療の専門知識だけでなく、データ入力の正確性が求められます。

病棟クラーク…看護師が行う業務の補助を手伝います。医療現場にもっとも近い職場となるため、スタッフだけでなく患者さんへの気遣いも必要です。

診療報酬請求業務…診療報酬明細書(レセプト)は、病院収入の大部分を占める重要なものです。医療事務の仕事=レセプト作成というイメージが強い人もいるかもしれません。ミスがないように高い正確性とスピードを必要とします。

医療事務の現状

医療事務という仕事は、雇用形態や勤務場所などの働き方にバラエティを持たせることができるため、非常に仕事を続けやすいという現状があります。

医療事務の資格は所有するに越したことはないのですが、未経験OKの求人もたくさん存在します。高齢化にともない医療事務の仕事はこれからもますます需要が増えることでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ