紹介予定派遣という働き方もあります。

紹介予定派遣として働く前に知っておきたいこと

スポンサードリンク

働き方には様々な雇用形態があり、紹介予定派遣もその1つとして知られています。紹介予定派遣とは派遣社員として一定期間働きながら、派遣先の正社員や契約社員として直接雇用を目指せる働き方のこと。

試用期間後はお互いの合意の元で直接雇用につなげられるオススメの働き方なのですが、そこにはメリット・デメリットも存在します。そこで今回は紹介予定派遣として働こうとする前に知っておくべきことをご紹介します。

紹介予定派遣として働くメリットは?

紹介予定派遣として働くことの最大のメリットは、入社後によくありがちな「こんなはずじゃなかった…辞めたい…」というミスマッチを実際に防ぐことができる点にあります。

試用期間中に企業風土、業務内容、職場の雰囲気などを肌で感じ、給与などの勤務条件に納得できるかどうかを判断してから雇用契約を結べるので、大いに活用すべき雇用形態だといえます。

スポンサードリンク


反対にデメリットは?

企業に直接応募することに比べると、紹介予定派遣として働ける企業数は圧倒的に少ないのがデメリットです。企業選択の幅が大いに狭まってしまうため、必ずしも希望する職種で働けるとは限りません。

どうしても紹介予定派遣で働きたい人は、場合によっては希望条件を変更するなどの工夫が必要になることもあります。

まとめ

かなり稀なケースですが正社員や派遣社員でもなく、40代でもOKなパートやアルバイト型の紹介予定派遣の求人が出ることもあるようです。紹介予定派遣という働き方は、企業と働き手の双方に大きなメリットがあるのは確かですが、現状の求人数はそれほど多くはありません。

しかしながら紹介予定派遣という働き方の認知度の高まりとともに、求人数も徐々に伸びてくることが今後期待されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ