アルバイトの面接の服装で何を着ていくか迷ったら…

アルバイトの面接の服装は何を着ていく?

スポンサードリンク

アルバイトの面接に着て行く服装には、選び方にポイントがあります。コンビニ、アパレル関係、居酒屋、映画館など様々なアルバイトがありますが、どのアルバイトの面接でも服装はその人の一般常識を見られていると思ってください。

「そもそも常識とは何ですか?」というのは無しにして、あくまでも面接官には採用基準における常識的な服装があるということです。それを踏まえた上で、アルバイトの面接で評価されやすい服装をご紹介します。

・シンプルカジュアルな格好は万能である

男女ともに、ホワイト、サックス、ライトグレー、などの爽やかさを感じさせる色のシャツがアルバイトの面接の服装にはおすすめ。ごちゃごちゃした柄が無い無地の方が受けはよいです。夏であればコットンリネンなどの綿麻素材生地が涼しげでよいでしょう。

パンツは、ブラック、ネイビー、ベージュなどのシンプルなチノパンが清潔感があります。女性であればスカートで面接に行かれることもあると思いますが、過度な露出は控えた方がよいでしょう。男女ともにシンプルカジュアルな格好であれば、どの業種のアルバイトの面接でも全く問題ありません。

スポンサードリンク


次に、アルバイトの面接では絶対に止めておきたい服装や格好をご紹介します。

・破れかたがひどいダメージデニム

人によってはおしゃれなのかもしれませんが、アルバイトの面接では絶対にNGです。

・派手なアクセサリー

業務中は外すから大丈夫という問題ではなく、面接では「働くことに対する姿勢」を見られていると思ってください。

・サンダル

近所のコンビニにやって来ているわけではありませんので、せめてスニーカーくらいは履くようにしましょう。

・帽子を脱がない

アルバイトの面接中、帽子をずっと被ったままの人もいるようです。その時点でアウトという面接官もいますので、入室の際には必ず帽子は脱ぐようにしてください。

まとめ

冒頭でも述べたように、アルバイトの面接で着ていく服装に少しでも迷ったときは、シンプルカジュアルな格好を選んでください。「格好など関係なく、真面目に働くのだからそれでいいじゃないか!」という意見もあるでしょうが、面接で重要なのは採用側の意見です。採用側は、いくら応募者が真面目に働くと言っても、世間一般的な常識から教えなければならないような人は採用したくないということなのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ